【季節の上生菓子】

※商品価格は全て税込み価格です。

上生菓子

美しい日本の自然を巧みに取り入れて、四季折々の風雅を伝えてくれる上生菓子。
歳時記にあわせ約2週間に1度、お菓子が変わります。
【販売期間 7月8日~7月27日】各292円

日保ち 製造日より3日間

夕涼み ゆうすずみ

真夏になると十日市本店のお客様でお近くの方などは、日が陰ってからお出でになる事が増えてきます。日中の暑さが少し和らぐ夕暮れ時は、今も貴重な時間に思えます。瓢などの棚仕立ては日中の日除けにも、1日の終わりの夕涼みにも揺れる葉や実は目でも風を感じより涼しく思えたでしょう。

上用製/小豆こしあん

特定原材料等:
山芋

夏の日

太陽をイメージさせ、いかにも夏らしいひまわりの花。紀元前から食用として利用されていたのだそうです。脂肪分をたくさん含むひまわりの種子は、今にも増して得難い物だったのでしょう。一面に広がるひまわり畑の光景には圧倒され、大輪の花が開いているのに少し物哀しく見えるのは映画の影響なのでしょうか。

きんとん製/小豆粒あん

特定原材料等:
山芋

すいか割り

子供の頃は好きだったのに大人になるにつれて遠ざかっていた果物でした。久し振りに口にしてみますと、いかにも夏にふさわしい色合い、懐かしい香り。16~17世紀に日本に伝わって来たと言われていますが、なるほど暑さに似合うアフリカ原産の果物だと納得しました。
板の間に 子の這ひかかる 西瓜かな 使帆

練切製/色付白こしあん胡麻入

特定原材料等:
山芋・胡麻

花芙蓉 はなふよう

細かくタックをたたみ、まるで造花のような可憐な花をつけますが、見上げるように背が高くなる丈夫な植物です。通っていた小学校の通学路にある橋のたもとに植えてあり、咲き始めると夏を感じたものでした。柔らかな花の色と黄緑がかった茎や葉。次々と花を開き種をむすぶ様子と、背中のランドセルの熱さがセットのように思い起こされます。

葛製/白こしあん色付

特定原材料等:
使用なし

雲の峰 くものみね

広く高い空に湧き上がる、白く立体的な雲の峰。首をぐっとのけ反らせて山の頂を見上げると、もくもくとした白い固まりを掴んだり、その上に乗ることができそうに思えてきます。
かさなるや 山々の峯 雲の峯 森鷗外

錦玉製/

特定原材料等: