会社情報

桜花、涼風、緑、紅葉、十五夜、雪見。
四季の移り変わりをやわらかくとらえ、
形、色、味が一体となって御菓子所 高木の和菓子が生まれます。
「良質であること、美しく品があること。」
今も昔も御菓子所 高木がこだわり続ける和菓子作りの基本です。

その基本を大切にしながら、凄まじいスピードで変わっていく消費動向や
お客さまの嗜好に対応しなければいけません。

歴史やのれんでいつまでもお商売が出来る時代ではありません。
大切なのは、今現在、そして、これから未来です。
今のお客さまを大切にしながら、新しいお客さまにも手にとっていただけるような、そんな美味しいお菓子を作っていけるよう、これまで同様小さな努力の積み重ねをして参ります。

代表取締役 加藤 博基

会社概要

会社名 株式会社 御菓子所 高木
所在地 〒733-0833 広島市西区商工センター7丁目1-10
地図を見る
電話番号 082-277-8011
FAX番号 082-278-1143
設立 大正8年3月
資本金 3,000万円
代表者 代表取締役社長 加藤 博基
従業員数 95名
店舗 11店舗
事業内容 和菓子製造販売
主要取引先 (株)福屋 (株)そごう・西武 (株)天満屋 ほか
主要仕入先 (株)田中帝一商店 (株)イトー 増田製粉(株) 
野崎印刷紙業(株) 府中紙工(株)
(有)三谷製菓 ほか
主要取引銀行 広島銀行 広島西支店
商工中金 広島西部支店
もみじ銀行 商工センター支店
広島信用金庫 西部支店
昭和26年当時 十日市本店

沿革

大正8年3月 創業者 高木松次郎により広島市左官町(現十日
市)でしるこ、ぜんざい等を提供する和風喫茶開業
甥にあたる先代会長 神谷明雄も加わり製造技術
を習得
昭和22年 高木松次郎の原爆死の後、神谷明雄が再開
昭和26年 法人組織(資本金100万円)
広島国体の際、昭和天皇皇后両陛下に生菓子を献上
昭和39年 広島ステーションビル(現アッセ)に出店
昭和47年 福屋八丁堀本店地階銘菓街に出店
福屋八丁堀本店4Fに茶寮御菓子所高木出店
昭和48年 業務拡張のため増資 (資本金1,000万)
そごう広島店に出店
昭和53年 業務拡張のため増資 (資本金3,000万)
本社・工場を商工センターへ移転
昭和61年 十日市本店 新築
平成元年 代表取締役に松林清春就任
平成2年 天満屋広島アルパーク店に出店
平成12年 福屋広島駅前店に出店
平成16年 天満屋広島緑井店に出店
平成19年 十日市本店 広島商工会議所主催『いい店ひろしま』受賞
平成22年 広島県食品自主衛生管理認証制度 認証
平成23年 鶴亀もなか 広島市主催『ザ・広島ブランド』味わいの一品に認定
平成25年 代表取締役に加藤博基就任
十日市本店 広島商工会議所主催『いい店ひろしま』2度目の受賞
平成27年 ゆめタウン廿日市店出店
平成28年 ひろしま檸の菓 中国新聞社主催『新!広島みやげグランプリ』一般投票賞 受賞
平成29年 ひろしま檸の菓 第27回全国菓子大博覧会・三重にて中小企業庁長官賞 受賞
平成30年 ekie広島店出店
創業者 高木松次郎
2代目 神谷明雄